2012年06月24日

端午節の五彩縄

端午節ってちまきを食べてドラゴンボートレースを見る日かと思いきや、
それだけじゃなかった。

昨日、例の会所にお灸しに行ったら、施術後にもぐさを1袋プレゼントしてくれました。
そして、こんなもの↓を腕に巻いてくれました。
DSCN2167[1].JPG

何でも、五彩縄というらしいです。
端午節の日に身につけて、次に大雨が降った後に流水に流すんですって。
すると自分の悪いところ、病気などが流れていく、という厄払いみたいなものらしい。

百度で調べたら、5色は決まっていて(青、白、赤、黄色、黒)女性は右の腕に巻く、
と書いてあって、私の場合、色も合ってないし左腕に巻かれてるんですけど。。。

でも中国版ミサンガ?と思えば、まあ、いいか。

そしてここ2−3日、なぜかずっと雨模様小雨です。北京にしては珍しい。
この雨雲が去って太陽が顔を出したら、この縄流しに行くぞー。
煩悩も一緒に流れますように。台風
posted by Nico at 19:29| 北京 ☔| Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

端午節の粽(ちまき)

昨日23日は、旧暦の端午節、そう、ちまきを食べる日でしたドコモポイント

会社でも、色々な種類が入ったギフトセットが配られました。

北京の有名な菓子処、北京稲香村謹製。
DSCN2161[1].JPG

日本では豚肉の塊が入った、肉ちまきしか食べたことなかったけど、
中国では南方の人が食べるもので、北方では甘い味が一般的みたいです。
北京は北方なので、ギフトセットに入ってたのも甘いのが多い。

練り餡入り、棗入り、八宝(蓮の実とか棗が入ってる)、
もち米の代わりにもちきび+棗が入ったもの、
エンドウ豆+黄身入り、肉入りちまき が入ってました。

DSCN2162[1].JPG

これは普通サイズですが、立派に一食になるサイズ

もち米ってお腹に溜まります。一度に食べきれないし、葉っぱをむいちゃうと取っておけない(もう一度蒸し直しは面倒)、という人が結構多いので、最近はこの半分くらいのミニサイズが出ています。

ミニサイズならおやつ代わりに食べられて便利決定

とはいえ、私はやっぱり食べなれた肉入りちまきが好きだなー。

日本の文化習慣には、中国南方から渡って来たものが多い気がします。

風景とかも、中国の南方は水が豊富で緑が濃くて日本に似てます。

だからかなあ、南に行くとなんかほっとします。



posted by Nico at 19:09| 北京 ☔| Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。