2012年06月30日

百恵ちゃんフォーエバー

私の中国語の先生は、私と同世代の女性

彼女にとっての日本のイメージは、「山口百恵+三浦友和」の映画とドラマで見た日本(うーーん、あの頃と比べると今の日本はかなり変わったと思うけど)、
「35歳以上の中国人なら、皆この二人の名前をしっているはず」なんだそう。

他にも、「最近三浦友和はどうしてる?」とか、「二人の息子が芸能界デビューしたよね」
とか、今でもフォローしてる中国人が結構いるんです。

私も、2008年北京TVで中国では一番有名な「赤い疑惑」(75年作品)の再放送を観たし、
ついこの間も、香港の映画チャンネルで「炎の舞」(78年作品)を放映していて
思わず見てしまった。

よっぽどまだ人気あるんだな〜。

中国人によく言われる「日本の女性は結婚すると仕事辞めて家庭に入るんでしょ?」
というのも、百恵ちゃんがそういう人生を送ったことで広まったみたいです。

あと、知ってました?
中国の有名女優、コン・リーは何故女優になったかと質問され、
「小さいころから山口百恵に似ている、と言われていたから。」
と答えたそうです。

百恵ちゃんがいなかったら、コン・リーも女優になってなかったかも?!

それはさておき、
私の先生の一番のお気に入りは、「絶唱」(75年作品)

「特に最後、(劇中ではすでに亡くなっている)花嫁衣裳を着た百恵ちゃん
友和くんが抱き上げるところがたまらない。
小学生だったけど、こんな愛もあるんだーと思ったの〜。
最後のほうは泣きっぱなしだったもうやだ〜(悲しい顔)

とすっかりハイテンションでした。

「絶唱」は確か私も、映画館で見た記憶がある懐かしい映画。うんうん、泣けたよねー、と意気投合。

私の記憶の中からも薄れていっている小さいころ見た映画を、
中国人がこんなに詳しく覚えてて共に語れる、というのは
なんだか不思議な、でも嬉しい感覚でした。

百恵ちゃんフォーエバー、です。
posted by Nico at 16:29| 北京 | Comment(2) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。