2012年08月14日

中医的 脊髄医学技術(1)

3月に階段を踏みはずして左足首を捻挫したもうやだ〜(悲しい顔)

それから半年、普段はもう痛くないけど、右足首と比べて明らかに可動域が小さくなり
動かしづらくなってしまった。

そこで、日本人の友人が“ひざの痛みに劇的に効いた”と薦めてくれた、
中医(中国医学)のクリニックに行ってみることに。

それは、北京同仁堂中医病院内の脊髄医学技術本部というところ。

有名な観光地眼鏡天壇の近くの、まだ古い北京の暮らしぶりが残っている
崇文門エリア
にある。
DSCN2199.JPG

HP見ると、脊髄一つ一つに呼応する臓器、病気があるそうで、
脊髄治せば万病治るexclamation&questionってな勢い。

どーなんでしょう〜??

行くとまずX線を撮ります。「悪いところは?」と聞かれ、
「足首のねんざ、あとは肩こり・頭痛、咳がよく出るのと、お腹を壊しやすい」というと、
じゃあ全身撮ってもらいなさい、と言われ放射線科へ。

この結果(全部で4枚くらい撮ったかな。でも肝心の足首は撮らないの!)
をこの脊髄医学の大家、刁先生に見せる。

問診しながら写真を見て「あ〜、この脊髄がずれてるから咳が出るはずだ。
で首が何度前傾してる(ものさしで測りながら)からこれが頭痛の原因。」とか言うのを、
弟子の若い先生がせっせとカルテに記入。

診察はこれで終わり、
次に施術として若い先生に50分のマッサージをしてもらう。

マッサージ終わるとその若い先生が「大先生に“復位”してもらいます」
といって大先生を連れてきた。

復位とは − 脊髄を正しい位置に戻すことらしい。

「首はC3、腰はT5です」みたいな、歯科検診で聞くような暗号で先生同士が話をしたあと、

大先生が

「はい、楽にして〜」

整体みたいに 首をボキッむかっ(怒り)     「今のは咳ね」

そして腰をバキッどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)     「これは下痢」

「はい、治った。今日はこれまで。また明日来てね。」だって・・・

へっ、ほんとに治ったのexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

<<次回に続く>>
posted by Nico at 22:13| 北京 | Comment(0) | 中国医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。