2012年08月16日

中医的 脊髄医学技術(2)

この間の咳と下痢の“復位”の効果はというと・・

まず肩こりが取れたわーい(嬉しい顔)
首が曲がってて、バキッと元の場所に戻してもらったのが良かったんでしょう。

下痢は・・・あまり効果ないみたいだなあ。

さて、治療は3日間連続で通って1クール、ということで通った最後の日。

ようやくメインの足首のねんざを見てくれることになりました。

若い先生が、どの辺が痛いか触診

そして小さいカッピング(カッピングについては→ 6月27日のブログ見て!)
の容器みたいなのと小さいシリンジと、コットンをたくさん用意。

次に何を始めるかと思いきや、足首に鋭い痛みが!
いわゆる「ツボ」にズズ〜ンと針を突き刺して
人工的に穴を開けられる!

「先生、痛いです〜ちっ(怒った顔)」と言うと「すぐ痛くなくなります」と返され、

どうするかと思ったら、針を抜いた後カッピングの容器をその傷にかぶせます。
注射器の要領で上から空気をシュポシュポ抜いて中の皮膚をプクーッと膨らませました。

これは火を使わないマニュアル・カッピング! ひらめき

すると、もちろん血が出てきます。
血は場所によって泡状だったり、ドス黒い色だったり
するんですが、ここまで来るともう傷口自体は痛くない。

これで出てくる血が「淤血(おけつ)」なんだそうです。
中医的には淤血が溜まってるから血の流れが悪くなって痛みの原因になる。
だから悪い血は抜いちゃえ、って理屈。

結局、足首の骨の周り3箇所に穴を空けられ淤血を取られました。

傷跡は思いっきり青タン状態モバQ
青く残るのはまだ淤血が出きってないから、らしいです。
普通は1回じゃ出きらないです、という話。

とりあえず数日様子を見て、まだ痛かったらまた来てね。と言われました。

この間、たった10分時計くらい。
あまりにも不思議であっけに取られているうちに終わりました。

果たして効果目といえば・・・

2日ほど経ったんですが、足首回しても前ほど痛くない、可動域も右側と同じくらいになった。

不思議だーー中国医学。。。ドコモポイント
posted by Nico at 22:31| 北京 | Comment(0) | 中国医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。