2012年10月14日

漢方学と日本人の太っ腹

夏の間はまだ良かったのですが、寒くなってくる曇りがぶり返しました。

これまでにも、漢方をいくつか飲んで見たのですが、抜本的な改善にはならず。

でも、日本語で症状を検索して見つけた薬が劇的に効いてます!

「玉屏風」というお薬。

"風邪を引きやすい、風にあたるとくしゃみが出る、呼吸器系が弱い、
汗をかきやすい、寝汗をかく"
などなど、見たとき「これ私!」とすぐピンと来ました。

買う前に一応、本場中国の友達やお灸の先生に聞いてみることに。

「百度」検索エンジンで見つけた薬紹介のページを印刷して見せると、皆
「聞いたこと耳無いけど、試して見てもいいんじゃない?」程度の反応。

そうか、中国ではあまり使われないのかな、と思ったけど
薬局に行ったらあっさりあせあせ(飛び散る汗)見つかった。お値段も1箱12袋入りで25元、とお安い。

DSCN2647[1].JPG

これを日に三回、お湯に溶かして飲むのですが、最初の夜から違いがはっきり!

それまでの、夜、首が冷えて背中がぞくぞくして寝られない
その割に夜中に起きて汗びっしょり咳がでる、
パターンが起きず、その晩からよく眠れてるんです!

まだ飲み始めて5日目ですが、かなり改善してますよ〜。
あんなに色々試してもだめだったのに、嘘みたいに良くなっています。うれしい〜ドコモポイント

「衛気」「固表」「止汗」(体の外にある刺激−
寒さ、花粉、乾燥などなど、を保護してくれる体の皮膚や粘膜のバリア機能)
に効果のある薬だそうです。

そうか、私は体の中身ではなく、表面が悪かったんですね・・・

で、気づいたんですが、
中国のネット上には、「こういうタイプの人にはこういう漢方が効く」
と丁寧には書いてない。
中医(中国の漢方医)に質問できる、オンラインQ&Aページはたくさんあるんですが、
コマーシャルなイメージが強く、皆さん自分の知っていることをあまり詳しく書いてない。
当たり障りなく、これに効くという病名がつらつら書いているだけです。

中医は「古い漢方書にさらっと書いてある内容をどう解釈して患者を治すか」
で商売しているからでしょうか。企業秘密は漏らさない、ってか。

その点、日本語で検索すると、かなり具体的にどういう人にどう効くか、
まで丁寧に書いてくださっている漢方薬局のHPとかがあり、すごく助かりました!

日本人は太っ腹だな〜!!と嬉しくなった私。グッド(上向き矢印)

posted by Nico at 15:14| 北京 | Comment(1) | 中国医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツの食中毒と中国産イチゴ

ドイツ東部で1万人を超える食中毒患者病院が出て、
中国から輸入した冷凍イチゴが原因だった、

という報道に対し、中国のメディア(中国広播網)が
「中国産の冷凍イチゴがスケープゴートにされた」
とするコメントを載せていますのでご紹介。

○ ドイツのロベルト・コッホ研究所の報告に拠ると、
700の冷凍イチゴサンプルを検査したうちの1つにノロウィルスが見つかった。
しかし、病原菌が中国から来たのか、運搬・保存・加工中に起こったのかは特定できていない。
(日本のメディアでは、中国産のイチゴが原因、はっきり出ていますけど、どっちが本当?)

○ イチゴの加熱が十分されていなかったため、ウィルスが死滅しなかった。
少し前、ヨーロッパでもやしの食中毒が起こったときは、まずスペインのキュウリを疑い、
次に中国のもやしを疑ったが、結局エジプト産の豆が原因だったではないか。
これも、もやしはちゃんと加熱すべきだったのに、ドイツ人はサラダとして生で食べていたからだ。
(ドイツ側のミスということ)

○ まだ原因調査中の段階でドイツのメディアが中国を指差すのには、
政治的な恣意が絡んでいないか。現に、この事件はドイツ国内の東西経済格差問題
を反映している。「ドイツ東部の子供はなぜ国産の新鮮なイチゴではなく、
国産の冷凍イチゴしか口に出来ないのか」と指摘する政治屋もあらわれた。

○ ドイツ各州の検疫基準は統一されていないし、監督能力にもばらつきがある。

だから、中国産のイチゴはスケープゴートにされた!でもこれに負けず、
日々精進し、「世界の百姓」として質の良い中国産を作っていこうね!るんるん

という論調なのですが、

イマイチ納得できませんね。

輸出先のシステム、経済状況がどうあれ、
今回は、イチゴが原因ということは断定されていて、
輸出した方も、まったくシロでは無いはずですので。

スケープゴートというのは言いすぎかと・・・。どう思われます?みなさん。

posted by Nico at 12:58| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。