2013年02月05日

金は天下の回りもの

安徽省出身で上海で出稼ぎしている秦さん(31歳)、
月給1,200元で清掃員をしている年老いたお父さんが1年間溜めたナケナシの
17,600元ふくろを春節の準備にと全額銀行から下ろし、
ジーンズの後ろのポケットに入れて、自転車に乗っていました。

そこに大風が吹き、30−40mほどにわたり、
秦さんの現金が風に飛ばされて四方八方に拡がりました。

これに気付いた周りの人々はワッどんっ(衝撃)とお金に飛びつき ↓(CCTVの画像)
xes_e4b23aff98cb504e99c5bd1dd88b48d2.jpg

秦さんが「一年汗水流して働いた金なんだ!頼む!持って帰らないでくれ!」
と叫び続けたにもかかわらず。。。

大部分がそのまま持って帰ってしまいました
手元に帰ってきたのは、3,700元のみ。残りは不明です。

というニュースを聞いたとき、さすがに・・・こ、この国の人の民度は・・・がく〜(落胆した顔)

と絶句したのですが、

その後、(やっぱり町のそこら中にあった)監視カメラ映画の映像を頼りに、
警察が事件を公開し、聞き込みなどを行った結果、
あらたに4,100元が警察を経て返却されたそうです。

そして、同時にこのニュースを聞いた良心のある市民から寄付金が集まり、
返却されたお金と寄付金を合計すると、22,450元にまでなった、と。

秦さんは、失くした17,600元さえ戻ってくればいいので、
オーバー分の22,450−17,600=4,850元は、
「困っている人に寄付したい」ぴかぴか(新しい)と言っている、との続報が入りました。
一件落着るんるん

警察は、これを集団略奪事件として立件することは、難しい。と話しているとか。

ほんと、事件の解決のされかたが、とても中国的。
正義は守られない(ネコババした人は捕まらない)、でも人情で解決するという、
かなり強引なハッピーエンド。
posted by Nico at 23:21| 北京 🌁| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。