2013年02月20日

馬肉スキャンダルに思う・・

ヨーロッパ各地で、馬肉が入った牛肉加工品が見つかり、
大変な騒ぎとなっていますね。

昔、ルーマニア人の友達に「馬刺しって美味しいよ」と言ったら、
獣を見るような眼で見られ、「あんなに美しくて優しい動物を食べるなんて・・」
と怒られたものです。

ヨーロッパ人が、知らなかったとはいえ馬肉を食べてしまったと知ったら
きっと相当なショックどんっ(衝撃)でしょう・・・

あ、でもハンガリー製の馬肉サラミって食べたことあるなあ。
マジャール人は騎馬民族で、馬肉が豊富だったからでしょうか。

さて、今回の事件、
スイスのN社の製品にもいくつか馬肉が混入していたことが判り、
現在回収中だそうです。

N社といえば、日本や中国にも進出している大企業。
となると、ヨーロッパでは売れない馬肉入り牛肉加工品を
馬肉食のタブーがないアジアに持ってきて売ったりして・・・

ラザニヤとかミートボールとか安売りしてたら、
もしかして、そうかも?
想像しただけで、ドキドキ揺れるハートしてしまいましたが。

リコールは、≪食品衛生上の問題ではない≫
ニュース映画でも言ってたから、あり得ると思いません??

ちなみに中国では、馬肉は見かけたことないのですが、出回らないだけかな。。
その代わり、ロバは食べます。

冬は体を温めるいい気分(温泉)(犬肉もそう言われるけど)と言って結構、北京のあたりでは人気。

露店で売ってる安い焼羊肉串は、ネコ肉だ、いやネズミだという噂まである中国。 
食のタブーがここまで無いのも、ちょっとね・・・。



posted by Nico at 17:27| 北京 | Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。