2013年05月04日

労働節中の恥さらし

「労働節中の恥さらし−まとめ−」をクリック!
とでも訳せる、連休中の非常識行動を集めたサイトがあって、結構笑えるのでご紹介。


「旅行先で絶対会ってしまうのが、非常識な行動をする人たちモバQ
景観を台無しにするだけでなく、周りの人もいい気持ちがしませんよね。
この連休中にネットに載った、非常識行動をご紹介」

と前置きがあり、

写真を撮るために、危険を冒して公園の湖に浮かぶ岩によじ登る人
食べられる花を、公園でむしり取るカップル
ストッキングだけで服着てない?おばさん、
破壊された公園の遊具
トイレが混んでるから、公園の池の中に用を足してしまうおじさん

などなど、こちらではごくごく日常的なバッド(下向き矢印)非常識行動の数々。
むしろ、いつもよりおとなしめあせあせ(飛び散る汗)
例の、「地下鉄車内で子供におしっこさせてそのまま下車してしまう親」
は連休中はいなかったのか?と勘ぐってしまう。

でも《(皆さんはそう思ってないかもしれないけど)
これも非常識行為です》

ネット上で教育してくれているんだ、と思えば良いのかしら。

何が非常識行為か、という人民共通の認識が未だ確立されていない、中国。
特に環境保護意識はかなり低く、まだまだ長く遠い道のり位置情報

私のハウスメイトの男子が
「春は山に花見に行くのがいいよねえ。山に咲いてる花もらってくるの楽しい〜」
とのたまうので、「はっexclamation&questionどんっ(衝撃)」と言うと、
「いいんだよ、北京には自然の木が多いんだから少しくらい・・・」

・・・君みたいな人が、『君+100万人いる』から、
北京の山には大きい木が育たないんだよ・・・

私も去年、北京郊外に花見に行きましたが、
まさにで言っているように、非常識行為ばかりが目に付いてイライラしてしまい、
花を全然ダッシュ(走り出すさま)楽しめなかったんです。

帰りのバスの中で、
いかにも「山から折りたてダッシュ(走り出すさま)の蕾のたくさんついた枝を持っている人の多いこと。
お花の代わりにこっちが泣きたい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

いわゆる「花の名所」は、春になると入場料を通常の5倍くらい便乗値上げするし、
自分勝手な行動を取る人ばかりで、まったく不愉快。

却って市内の、地元の人しか来ないような名も無い公園の片隅に
4−5本満開になってる樹とかが、一番荒らされてなくて、
静かに気持ちよく鑑賞できて、
実は一番綺麗だなあかわいい

と思う今日この頃であります。
posted by Nico at 22:56| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。