2013年07月13日

中国東北地方への旅(3) ハルピンの美食

ロシア人が開発したハルピンの町。
その名残か、ちょっとヨーロッパ風の美食レストランが町のあちこちに。

アイス(ミルク味とヨーグルト味あり、濃厚な味)
二くち食べてしまった後です↓
DSCN3757.JPG

シュークリーム(甘くなくて、うまっ!)
DSCN3794.JPG

クワス(黒パンを発酵させて作った炭酸飲料)
DSCN3792.JPG

ロシアソーセージ、黒パン、などなど。

お昼と夜は、せっかくなのでロシア料理を食べました。
中央大街のあたりに幾つかあります。
でもお昼のレストランは外見も内装も良い感じなのですが↓
DSCN3759.JPG

ちゃんとしたメニューを頼もうと思ったら、「これは無い、それは時間がかかるぞ」
と色々ダメだしされ、結局ボルシチと黒パンだけしか食べれなかった。
やっぱり西洋料理オンチの中国人メインの客層に、本場のロシア料理を提供し続けること
は難しいのだろうか。ロシア料理のくせに、ロシア風スパゲッティとかロシア風チャーハン
とかあるし、ホンマかいな。

そこで、夜もあまり期待せず「1901年創業、中国で一番古いロシア料理レストラン」と言うところに行ったのですが。
DSCN3818.JPG

こっちはなかなかでした。
アルメニア人が自分の名前を付けて開業した「タトス」というお店。
地下に入っていくと、歴史と雰囲気ある内装。

DSCN3804.JPG

メニューもこちらはコース、アラカルトともすごくたくさんありました。
ロシア人のウェイトレスさんも2-3人いて、雰囲気出してます。
昔使っていてもうメンテが出来なくて使えなくなってしまったピアノ線が青銅の
ピアノの横に座らせてもらいました。
DSCN3802.JPG

1895年に購入して、1936年には亡命ロシア人有名歌手シャリヤ―ピンがここで食事し、
あまりの美味しさにこのピアノを弾きながら感謝の一曲を歌った、
というエピソードが紹介されていました。

前菜はニシンの塩漬け。オランダで食べた、新鮮なニシンに
レモン絞ったのには負けるけど、中国では食べたことないし、おいしかった。
DSCN3807.JPG

メインはグリルしてチーズを絡めたエビ。
DSCN3813.JPG
最初、エビとブルーベリーソース、というメニューを頼もうとしたら、
ウェイトレスさんに「それ、値段高い割にあんまり美味しくないの」と言われ、
彼女のおススメだったのがこれ。量が少なくてびっくりでしたが。

ハルピンの東北料理(中華料理)も美味しいらしいのですが、
1日半しかいなかったので時間切れで食べられませんでした・・・


posted by Nico at 22:36| 北京 | Comment(0) | 北京以外の中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

中国東北地方への旅(2)予想外の事態が

ハルピン郊外には、旧帝国陸軍が中国人を実験台にさまざまな人体実験を行っていた
と言われる場所が、「731部隊基地跡」として残っています。
ハルピン鉄道駅からバス338路に乗って行くことにしました。
ハルピン駅にはバス停がたくさんありすぎて探すのが大変でしたが、
駅から向かって右手にある護士大厦の裏側にバス停が。
ハルピンのバスはほとんどワンマンバスのようで、今回の料金は2元。
乗車時に1元、下車時に1元を箱に入れるという支払い方でした。
全部で20駅以上ある最後の「新疆大街」下車、約1時間半の道のりバス

DSCN3719.JPG
周りはどんな感じかと思いきや、ごくごく普通の典型的な郊外の大通り。
跡地入口の周りにはアパートや店が並んで普通の生活が営まれている様子。

門に近づくと警備員さんの周りに人だかり。掲示板が見えた。
開門は9時、ちょうど開いたところ、 ばっちりかわいい
と、開館時間の下にある「周一、xxx」という文字が目に入る。
「周一って・・・」を近づきながら声を出して読んだら、
警備員さんを囲んでいた中国人の一人が、「閉館」と続きを読んで苦笑い。

つまり、「月曜日は補修のため閉館」だったのです。
彼らも知らずに来ちゃったよう。

え〜〜がく〜(落胆した顔)、せっかくわざわざ北京から来たのに〜。でも閉館は閉館、仕方ないです。
そのまま引きかえさざるをえません。
悔しいので、門越しに写真を撮れるだけ撮りましたが。
DSCN3723.JPG

連休中なのに、それでも月曜日は休むなんて想定外。
絶対また来なきゃ、リベンジや〜〜。

帰りのバスは満員御礼。きっとこの辺の人がお休みだから市内に遊びに行くんでしょう。
ようやく最後の2駅で座れたと思ったら、
隣に座っていた青い人民服と青い人民帽をかぶったご老人にナンパ(?)される。
どうやら、これから電車に乗って帰京するらしいのですが、あんたも帰るの?
方向同じだったら、一緒に行かない?ってお誘いがありました。
私も近郊から出稼ぎに来てる中国人に見えましたか・・・うーん、微妙たらーっ(汗)

すっかり意気消沈でしたが、とりあえず次の予定地、聖ソフィア大聖堂へ。
これも乗るバスやバス停の名前、全然わかんないんだけど、
泊まってるホテルから歩ける距離なので、そっち方向に行くバスに
とりあえず乗って、2駅目、皆が降りるところで降りてみたらドンピシャでした。

ハトを持ってきて放しておいて、何分かおきにドンッとポン菓子作る機械みたいなので
爆発音を出してわざとハトを飛び立たせている人がいて、
ドームの周りをハトが舞う良い写真が取れました。
DSCN3734.JPG

また、脇のドアの前では、結婚式の写真を撮っているカップルムードが。
もちろんカメラマンが本格的に撮るやつです。
花嫁さんのドレスのドレープの具合がすごく素敵だったので思わず写真を撮っていると、
DSCN3743.JPG

近くで見てたお姉さんが「花嫁の同級生なの?ねえねえ??」と寄って来て、
腕をツンツンされました。
「違うよ、綺麗だから撮ってるだけ」というと、
「そうねえ、服は素敵よね〜」と笑いながら去って行きました。
赤の他人の写真を撮るなんて、中国人はしないのか?

ホテルに向けて帰る途中、
香港のスーパースター、アンディ・ラウのそっくりさんのコンサートに遭遇。
そういえば、顔も似てるし声もまあまあ!と周りの中国人も言っていて、大きな人だかりになってました。

DSCN3836.JPG
似てる?

予想外に高水準でしたよ。
私も今日一番写真撮ったな・・・

posted by Nico at 23:45| 北京 | Comment(0) | 北京以外の中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。