2012年03月25日

薬草風呂

最近体(特に足)の冷えがひどいので、「薬草風呂」いい気分(温泉)というものに入ってみました。

深めの木桶に、薬草から煮出した汁を入れお湯と混ぜ、
そこに5分おきに休憩しながら20分くらい入ります。

中国ではお風呂に入る習慣は基本的にはないので、
これはデトックス目的の漢方治療法らしいです。
湯の温度も40度と結構熱め。

お風呂から出た後も40-50分ずっと汗が出続けてました。
顔ものぼせて真っ赤ー(長音記号1)だったのですが、お店の人曰く

「顔が紅い部分と青い部分があるでしょ。青い部分がどこにあるかで体のどこに毒が溜まってるかわかる」とのこと。

確かに鏡を見ると、おでこの両端と口のまわり、目の下などが青白い雪んです。

そういえば! 
日本でも湯上りはこんな感じになって、なんだか他の人とは'紅くなり方'が違うなー
とは思ってたけど

これが毒が溜まってる部分ってことなんだー!?がく〜(落胆した顔) 

なんだか目からウロコひらめき

体の調子が良くなるグッド(上向き矢印)とこの青白い部分も少なくなっていくらしいので
ちょっと続けてみようかと思います。

漢方は本場の中国にいる間にいろいろ試してみたいと思ってます!
posted by Nico at 20:42| 北京 | Comment(1) | 中国医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
効きそう!GWに3連休にできそうなので、北京行きを考えてみたけど、最低4日ないと辛そうね。特に福岡からだと、ちょうどいい時間の飛行機がないみたい。。。
Posted by つるぎようこ at 2012年04月07日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。