2012年04月27日

北京百花繚乱

いやー春です。というかもう春を通り越して夏の気候です。
3月の最後の週から桜が咲き始め、桜まつりにも行ってきましたが、中国の桜は日本と密度が違う(本数と一本一本の育ち具合がイマイチ)なぁ、ちょっと残念。

でも!春に咲く花の樹は他にもたくさんあって、桃、梅、木蓮、こぶし、こでまり、ライラック、レンギョウ、サンザシ、その他名前のわからない花や道端に咲く雑草系(?)の花タンポポ、すみれ、ペンペン草などたくさんたくさん。

北春と呼べる20度前後の気候はほんの1週間くらいしかなく、もう今は毎日25度くらい。お花の方も「暑くなる前に咲いとかなくちゃ」と焦っているかのように、次々と咲いてくれます。道を歩いているだけでも花の甘―い香りが漂ってきます。

しばし、北京の春の花をご堪能ください。

page1.jpg 

名前は知らないけど巨木に咲く花。遠くからでないと花が咲いているのさえ気づかない                       DSCN1728.JPG 

page2.jpg

つい3月中旬くらいに幹に巻いた防寒布を取ってお水をあげ始めたと思ったら、1カ月もたたないうちに新芽が出て蕾が出来て花が咲き、満開の時期はほんの4-5日。桜じゃなくても花の命は短いのね・・・ 

葉っぱが赤く、花は鮮やかなピンクという変わった木 DSCN1725.JPG

この白い花↓はサンザシの木。秋になると実をつけるそうです。
大木なので遠くから良いにおいがします。

もう藤の花も咲いてます〜、ほらpage3.jpg
posted by Nico at 14:40| 北京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。