2012年05月27日

国家の地理

『ナショナル・ジオグラフィック』という世界の自然や人々の暮らしを紹介する月刊誌があります。日本語版も出てますが、オリジナルはアメリカ。

中国には「中国国家地理」(Chinese National Geography)という、ロゴや装丁が↑をパクった感じの雑誌があります。

中国国家、とあるので、内容はもちろん中国国内のことのみなんですが、写真とかはとっても綺麗で本家に引けを取らないし、中国のあまり知られていない辺境の地や人々の記事があって面白いので時々買うのですが、今月のはちょっと政治的。

「環礁という領土」というタイトルの巻頭記事。中国語でいう南海=南シナ海の環礁地帯を紹介しています。

一見、中国内陸に住んでる中国人にこんなに美しい熱帯の島が中国にもあるんですよー、と言ってるだけのようですが、掲載されてる地図には、東南アジア諸国との間で問題になってるスプラトリー諸島やパラセル諸島などが当然のごとく国内として紹介されてるわけです。

DSCN2020[1].JPG

最近フィリピンとの領土問題でお騒がせのところにこの記事って、タイミング合いすぎ・・・

posted by Nico at 18:55| 北京 ☀| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。