2013年01月14日

PM2.5の恐怖

最近ちょっと暖かくなって(最低気温が−12℃前後から−7℃程度に!)、
風もなくて良いわ〜るんるんと思っていたら、
先週金曜日くらいから、大霧による大気汚染問題曇りが発生しちゃいました。

見通しが悪いため、高速道路が閉鎖されたり、高速鉄道が運休したり、
これ以上PM値を上げないために、工場は臨時休業、建設現場の作業禁止、
などなど市民生活も乱されてます・・

第6級(最低)レベル重度汚染がPM2.5値300㎍/㎥以上なのに、
最近の北京ではその3倍の900㎍/㎥を超えてますふらふら
13日晩には、2段階ある霧警報の最高レベル「オレンジ色警報」が発令されました。

ところで、以前中国当局はPM10(PM2.5 より大きい粒子)レベルは測定していたものの、
肺に入り込みやすく、呼吸器疾患や心血管系疾患の原因となり得る
PM2.5 レベルは測定していませんでした。
かつ当局は「ここ数年、北京の空気は改善の一歩」と発表しました。

これが、よっぽど信じ難かったんでしょうむかっ(怒り)
在北京アメリカ大使館が独自に測定したところ
既に重度の汚染レベルであることが判明。
アメリカ大使館は当局に「内政干渉」と批判されながらも、ツイッタ―でPM2.5値 を発表し続けたところ、
中国民衆の知るところとなり、結局1年前から当局も測定するはめになりました。

今では、各地のPM2.5値が見られるi-Phone携帯電話 アプリもあって、
特にアメリカ大使館が独自に測定している都市(北京や上海など)では、
当局と大使館、両方の数値が見られるという親切さ。

さて、ここ数日はTVでも、地下鉄内でも、
「外出時にはマスクを。老人子供は外出を避けて、戸外活動を減らす」
などなど連日言っていますが、実際マスクをしてる人は案外少ない。

W020130114539112662545.jpg
↑こんな人は少ない・・

私はちゃんと二重マスクしてますが、家に帰るとやっぱり鼻の中と手が半端無く汚いんですぅぅ

「すごいんだよー」あせあせ(飛び散る汗)と日本にいる母に話すと、
「でも高度成長期の日本も空気が汚かったわよ。東京でもやっぱりマスクして歩いてた。
何とかちゃんって可愛いタレントさんの旦那さん、それで亡くなったのよー」とのこと。

そ、そ、そうだったんだ。日本もあの時代はひどかったのね。
さすが、母は色んなこと知ってるなー

それにしても、教科書本では公害病とか習ったけど、私は今北京のそれを経験しているってこと?

私、大丈夫なんでしょうか・・・がく〜(落胆した顔)
posted by Nico at 17:55| 北京 🌁| Comment(1) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビで見ました
視界も悪そうな
すごい汚染ですね
空気は吸わないわけには
いかないし
酸素ボンベしかないか?
Posted by さかぞお at 2013年01月15日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。