2013年03月20日

ニーハオ・トイレ 健在

すこし昔、中国のトイレは個室の壁の仕切りがない共同トイレが主流で、
近所の人が朝やってきて皆で仲良くしゃべりながらしゃがみ込んでいたそうな。
これを見て仰天目した日本人が「ニーハオ・トイレ」と名付けたとか。

最近の中国の都会では、さすがに個室のしきりはあります。
ただ、公共施設のトイレ(例えば、地下鉄駅や鉄道駅のトイレなど)は、
大抵壊れていて、扉が無かったりもしますけど・・・

ところで、私の職場は中国人が大多数で、トイレの使い方もまだまだ中国的
まず、トイレの個室に入るとよく隣の個室の人が話かけてくるexclamationんです。それが
「こっちの紙が無いから下から渡して」くらいだったら理解できますが、
世間話をしてきたりするのが困ります。隣に誰が入っているかはお構いなしで、
先方はこのフロアの人だったら誰でもいいらしい。でも個室のしきり越しにしゃがみながら
大声で話をする習慣は日本人にはないので、なんかすごく恥ずかしいダッシュ(走り出すさま)

例えば、北京で重要な共産党の会議が2つ行われる(両会)初日の朝、
会議室では上司がその開会式をTVで見ていました。その音がトイレまで聞こえてくる中で
個室に入ったら、隣の個室の人が「え、これ何の会議だっけ?」ドコモポイント
と聞いてきたのには驚いたがく〜(落胆した顔)
こんな重要な政治会議の初日、君たち中国人が覚えてないんかい
日本人の私に聞くかぁexclamation&questionふらふら
(もちろん、向こうはこっちが中国人だと思い込んでいるのですが)

また、このフロアには数人、個室に入っても鍵をかけない人がいて、これも理解不能。
自宅でも無いのに、そこまで無防備なのもどうなの?空いてると思って開けてしまった
こちらの立場にもなって欲しい。ものすごくびっくりして、しばらくトラウマでした・・・バッド(下向き矢印)

というわけで、ハード面でのニーハオ・トイレは少なくなりましたが、
人々のニーハオ・トイレ精神は今も健在ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by Nico at 17:36| 北京 | Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。