2013年06月27日

地下鉄の痴漢

日本のような女性専用車両はないものの、日本並みに混んでいる北京の地下鉄1号線。
でも、痴漢騒ぎはあんまり聞かないので、中国には日本ほど痴漢がいない
かと思っていましたが。

あってしまいましたがく〜(落胆した顔)
こいつ、そうかも。という動きをする輩がいたので、ドアが開いたのを機に
そいつとは逆方向に逃げました。でも、イマイチ確信は持てなかった。

でも、その次の駅で車内の人がめっきり減った時に後ろから女性が、
If you touch me one more time, I will call police, you weirdo!!
と英語で大声で怒鳴るのが聞こえました。
見ると、さっきの痴漢がその女性のすぐ横に立ってました。
でも奴は聞こえなかったふりをしてそっぽを向いてて、ますます怪しい!
女性は、見た目は中国人だけど、英語の発音は外国人。華僑でしょうか?
周りの中国人は、英語がわからないのでポカーーーンと無表情、ノーリアクション。

やっぱり、こいつ痴漢だった〜たらーっ(汗)
すごく背が高くて、もしかしたら白人とのハーフかも、って感じの
若いニキビ面の男でした。今度見かけたら、絶対すぐ分かるわ。

それにしても、この朝の5分程度の間に、私と華僑の彼女という外人2人が被害にあった
ということは?外人狙いか?それとも、中国の女性は鈍くて気づかないだけなのか???

でも、中国でもし痴漢にあっても、誰に言ったらいいか、よく分からない。
車内で叫んでも(そういう女の人見たことあるけど)、
周りの人は「知らぬ存ぜぬ」眼鏡で多分助けてくれない。
駅の中には若い、責任感なさそうな職員しかいないし、
彼らに言っても真剣に取り合ってくれない気がする。
面倒くさがって、警察とか呼んでくれなそう。

考えると満員電車に乗るのって怖いよね、
いざという時誰も助けてくれないんだと思うと・・・

こう考えると、やっぱり日本は先進国かな。
少なくとも、「痴漢が犯罪」というのは常識になってて、
駅員さんに言えば真剣に取り合ってくれる、という点で。
posted by Nico at 19:58| 北京 | Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。