2013年06月27日

チョコレートと生理痛(女性限定のお話)

生理痛三日月でお腹や腰が痛いどんっ(衝撃)のって、そういうもんだと思ってましたけど、
中医学では、生理痛があること自体、体を冷やしてしまった雪証拠、
健康ならば、PMSってほとんど無いはず なんですって。
それに生理=排毒だから、ある程度量がないと、一月分の婦人科系の毒が
出しきれず溜まってしまうので、これも良くない、らしいです。 目からウロコひらめき

という訳で、

こちらに来てから、中国式のいわゆる「養生」をして体を温めるようにしている私。
おかげで昔はひどかったPMSや生理痛もかなり軽くなり、
頭痛も直前1日くらいしか感じないし、血量も増! といい感じだったのに、

今回は一週間以上前から腰が痛くて、始まってからも痛い。
腰が曲げられないので、靴下履くのも大変な状態です。
それに、悪い血(淤血)が溜まってる証拠である、血の塊まで混じってる・・・

何故だろう・・・と自分のここ2週間ほどの生活を振り返ってみたのですが、
考えられる原因が「チョコレート」等、甘いものの食べすぎ

中医学的には、『白いものは体を冷やす』とされており、冷えは女性の大敵。
故に白砂糖の入ったチョコは、特に生理中には食べるな、と言われます。
そういえば、中華式スイーツはたいてい、氷砂糖(体を冷やしも温めもしない)か
紅糖(体を温める)入りで、温かくして食べるものが多く、だから女性にも優しいるんるん
私もチョコを食べたいと特に思わないので、数か月食べてませんでした。

ところが、最近行ったハルピンは、ロシア人が開発した街。エキゾチックな街並みに
ロシア製品をおみやげとして売っていて、ロシア製のチョコを買ってしまいました。
お土産用だったけど、長春空港でフライト飛行機6時間遅れ
食事(インスタント・ヌードルとコーラバッド(下向き矢印))を出してくれたのも午後10時過ぎ、
という状況下で、お腹空いた+待たされてるストレス
でチョコをドカ食いしてしまったのでした。
また、ハルピンでは中国では珍しく、洋菓子が美味。
チョコでコーティングしたシュークリーム1箱(4個入り)もめちゃおいしくて
一人でペロッと食べてました。これもいけなかったか〜?!

日本にいた時は、生理前にやたらチョコが食べたくなっていた私
(母も同じこと言ってたから、きっとこれは体質遺伝)。
そのときは、体が必要と思うから食べたくなる→補給してあげなきゃ。
と食べてたのですが、今思うと生理痛を増大がく〜(落胆した顔)させてたんですねー、怖い怖い。

甘いもの、冷たいものが欲しくなってしまう、自分の体質自体が問題なのだそうです。
だから体が欲しがるものを補給してあげる、のではなく、
それらを欲しがらない体を作る(修行のようですが)、というのが
中医学的考えらしいです。ふ〜むたらーっ(汗)

今は、また中国式養生の原則に立ち返り、毎朝、生姜紅糖水を作って飲んでます。
北京はもう連日30度晴れを越していてすっかり夏なのですが、こんな体調では
冷房、アイス、スイカ、メロンなども厳禁です。
いやいや、体調が整えば、おのずと冷たいものを欲しがらなくなるからいいのか・・・

ちなみに、今年に入って、自宅の冷房はまだ一回も付けてないですexclamation
北京は乾燥しているので、30度過ぎてもまだ日陰や室内に入ると涼しい、
というせいもあるとは思いますが。

posted by Nico at 21:37| 北京 | Comment(0) | 中国医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。