2013年07月13日

中国東北地方への旅(3) ハルピンの美食

ロシア人が開発したハルピンの町。
その名残か、ちょっとヨーロッパ風の美食レストランが町のあちこちに。

アイス(ミルク味とヨーグルト味あり、濃厚な味)
二くち食べてしまった後です↓
DSCN3757.JPG

シュークリーム(甘くなくて、うまっ!)
DSCN3794.JPG

クワス(黒パンを発酵させて作った炭酸飲料)
DSCN3792.JPG

ロシアソーセージ、黒パン、などなど。

お昼と夜は、せっかくなのでロシア料理を食べました。
中央大街のあたりに幾つかあります。
でもお昼のレストランは外見も内装も良い感じなのですが↓
DSCN3759.JPG

ちゃんとしたメニューを頼もうと思ったら、「これは無い、それは時間がかかるぞ」
と色々ダメだしされ、結局ボルシチと黒パンだけしか食べれなかった。
やっぱり西洋料理オンチの中国人メインの客層に、本場のロシア料理を提供し続けること
は難しいのだろうか。ロシア料理のくせに、ロシア風スパゲッティとかロシア風チャーハン
とかあるし、ホンマかいな。

そこで、夜もあまり期待せず「1901年創業、中国で一番古いロシア料理レストラン」と言うところに行ったのですが。
DSCN3818.JPG

こっちはなかなかでした。
アルメニア人が自分の名前を付けて開業した「タトス」というお店。
地下に入っていくと、歴史と雰囲気ある内装。

DSCN3804.JPG

メニューもこちらはコース、アラカルトともすごくたくさんありました。
ロシア人のウェイトレスさんも2-3人いて、雰囲気出してます。
昔使っていてもうメンテが出来なくて使えなくなってしまったピアノ線が青銅の
ピアノの横に座らせてもらいました。
DSCN3802.JPG

1895年に購入して、1936年には亡命ロシア人有名歌手シャリヤ―ピンがここで食事し、
あまりの美味しさにこのピアノを弾きながら感謝の一曲を歌った、
というエピソードが紹介されていました。

前菜はニシンの塩漬け。オランダで食べた、新鮮なニシンに
レモン絞ったのには負けるけど、中国では食べたことないし、おいしかった。
DSCN3807.JPG

メインはグリルしてチーズを絡めたエビ。
DSCN3813.JPG
最初、エビとブルーベリーソース、というメニューを頼もうとしたら、
ウェイトレスさんに「それ、値段高い割にあんまり美味しくないの」と言われ、
彼女のおススメだったのがこれ。量が少なくてびっくりでしたが。

ハルピンの東北料理(中華料理)も美味しいらしいのですが、
1日半しかいなかったので時間切れで食べられませんでした・・・


posted by Nico at 22:36| 北京 | Comment(0) | 北京以外の中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。