2013年11月18日

親切にも押しが必要

東京で電車や地下鉄に乗ると、ご老人に席を譲る人をたまに見ます。

でも、日本の場合「すぐ降りますから」とか「お構いなく」とか言って、
譲ってもらっても座らないご老人のほうが多いですよね。
でも、譲った方もまたそこに座るわけにもいかず、結局どっかに行っちゃったりして、
なんか気まずいたらーっ(汗)

北京では(というか、これは中国の、というべきかも)、初老の人には
席を譲ってくれます。私の母も、北京に遊びに来て地下鉄に乗る度、
毎回乗った瞬間、席を譲ってもらってました。
母としては「すぐ降ります」と言いたかったのかもしれないけど、
中国語で何と言ったらいいかも分からないので、深々お辞儀バッド(下向き矢印)
してから座ってました。
上指差しこれは中国人には新鮮だったはず。

中国人の場合はどうか、と観察していると、まず
下指差しのような会話が3−4回リピートされる。

大姐,您坐吧。(おばあさん、ここどうぞ。)
不用不用,我马上下车。您坐吧。谢谢谢谢。
(すぐ降りるからいいわ。座ってて。ありがとね)
不用客气。您坐吧。我不坐。(遠慮しないで〜。座ってくださいな。私は座らないから。)

譲られたご老人は、「どうぞ」手(パー)と言われたら最初は断るのが礼儀らしい。
しかし、ここで譲った方があきらめず、再三進めて座らせるのも暗黙のルールのようで、
時には手を引っ張って無理やり座らせてお互い満足、という大団円ぴかぴか(新しい)

なかには、せっかく座らせても、言った通り、本当に1−2駅で降りる人もいる。
でも、「座らせてくれてありがとう」と言ってご老人が降りると、
若者はまた譲った席に戻るし、それが恥ずかしくないのだ
(日本では、これが恥ずかしかったりするんでしょ?)。

日本と違い、中国では譲る方が、断られてもひるまず何とか説得する。
日本でも、ご老人はもしかしたら、あと一押しすれば座ってくれるんじゃないのかな。
これ、日本でもやってみるべきだと思うのは私だけ?

でも、不思議なのが、車内の優先順位が明らかに 子供>老人 なこと。
以前、若い母親と6歳くらいの息子とおばあちゃんが一緒に乗ってきたとき。
譲られた席にどっかと座ったのは母親と息子。おばあちゃんはすごく小さい痩せた人で、
しかも両手に大荷物ふくろ持たされてるのに、立ったまま。
おいおい、おばあちゃんと息子を座らせるでしょ、普通exclamation&question

子供に甘い中国人、が際立った瞬間でした・・・
posted by Nico at 19:19| 北京 | Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

郵便局の非人情

普通、郵便局のEMSというと海外飛行機に書類や物を迅速に送るサービスですが、
さすが国土の広い中国、郵便局には国内EMSというのがあります。
北京市内だと、所定の袋に入れて8元、と宅配業者の10元より安いので、
よく使っています。

先日、少し厚い本を送ったときのこと。
こっちでは、まず袋や宛名ラベルmail toにお金がかかるので、
EMS所定の袋に入るかどうか実際に入れてみて、確認した上で袋を8元で購入、
封を閉じました。
日本なら窓口でお金を払った郵便物は、そのまま窓口で引き取ってくれますよね。
「こちらで出しときますよー」とか言ってくれて。
でもこちらは、わざわざ外にある専用ポストに入れてくれ、と引き取ってくれません。

ま、それは仕方ない、と外に出て専用ポストに入れようとすると・・・
投函口の上のひさしが邪魔して、投函できないのですふらふら
一緒にいた中国人のスタッフが「これ、買い直さないといけないかも・・」というので、
「何で?窓口に持ってけば受け取ってくれないの?」と聞くと
「外のポストに出してくれって言われた」と。
もう一度窓口に戻って、さっきの窓口のお姉さんに聞くと
「ここでは受け取れません。一回売ったものは返品できません。」
とガンどんっ(衝撃)として受け付けてくれない。

は〜exclamation&questionなんで手で受け取ってくれないのか、理由が分からない。
よっぽど自分たちの処理能力に自信がないんでしょうか、失くしちゃうんかいあせあせ(飛び散る汗)
もう少し向こうにあるEMS専用配達ステーションみたいなところは受け取ってくれるかな?
と聞くと、「向こうは配達するだけの場所だから受け取らない。」と、にべもない返事。

でも、前に配達ステーションから直接EMSを出したことが何度もあるので、
一応行ってみる。ちょうど外に出てきたおじさん配達員に事情を話すと、
「何か違法爆弾なもの入ってないよな」と念を押され「絶対入ってません、誓います」
と言うと受け取ってくれそうな感じ。でも「重さが超過してるかも」と言い出すので、
ステーションの中に入って量ってもらうことに。1キロちょっと、確かに重め。
でも、どうやら市内EMSには超過料金という料金システムすらないようで、
お金を払うにも払えない。
隣にいた若い女の配達員は「直接受け取っちゃいけないのよ!」
さっきの郵便局のスタッフと同じことをおじさんに言う。
でも、どうにかおじさんにそこを何とか、お願い!!ダッシュ(走り出すさま)と言って受けてもらいました。
無事届くといいけど・・・。

解せないですよね。封筒を買うとき、売るほうが中身をチェックしないで
サイズも測らず普通の封筒買わせといて、ポストに入らないなら出せません、買い直せ、
という理屈が。まるで後出しジャンケンでしょ。

中国の郵便局って、本当にサービスが悪い、
他の民間サービスがどんどん良くなっているのに、未だ改革開放前のように
旧態然としています。安かろう、悪かろうのサービスの典型。

どこかの国のように、民営化すべきでは?!
posted by Nico at 17:05| 北京 🌁| Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

子供はすべての免罪符

注:今日はシモの話が中心です。始まる前に警告しときます。

中国人は子供に甘い、とにかく何をしても叱らない
というのは、日本人が驚くこと。

子供が何をしても許されるべき、と考えている中国人は多いようで。
大体、おむつをさせない尻割れパンツ(大小、好きな時に好きなだけさせる)こと自体、
我慢させない大らかな性格ドコモポイントを育てる
などという理屈があるとかないとか・・・
でも、街路樹小雨の横とかデパートの床とかに自由にさせてる
(させた後はそのまま放置、掃除の人が来るまでそのままなのよ!?)親を見ると、
犬を散歩させ糞をそのまま路上に放置する飼い主にそっくりで、
「子供とペット、同じ扱いかよ」と。
いや、ペットが人間扱いされてるのか?!

一度、地下鉄駅のホーム端にあるトイレトイレに並んでたら、
目の前で間に合わなかった子供がシーっとやっていて、液体が流れてきた。
おいおいおいおい、踏んじゃうよ!と足後ずさったら、
後ろから床をモップで拭いて来た掃除のおばさんが、何も見なかったか眼鏡のように、
立ち止まることすらなく液体を拭き取り、そのまま前方に悠々と曇り
作業を進めていきました。
えー、それって掃除じゃなくて広げてるだけじゃん?? がく〜(落胆した顔)
絶句たらーっ(汗) 汚いよ、汚すぎるよ!! 
それ以来、ホームのトイレから10m内には近づいてません。
ささやかな抵抗に過ぎませんけど・・・

バスバスの中で車内中に響き渡る大声でお父さんと遊んでいる
3歳くらいの男の子がいました。
あまりにもうるさいむかっ(怒り)ので、隣に座っていた乗客のおばあさんが、その親に
「ねえ、周りの迷惑だから子供に静かにさせて。
声が大きすぎて困る時が将来出てくるわよ。」
みたいなことをやんわり言ったら、親が逆ギレどんっ(衝撃)

「小さい子供がしゃべる練習してるんだ、やらせといてやるべきだろ!!
あんた、子供いるのか、それでも人間か?」と、
子供の声のでかさは遺伝に違いない、大声で怒鳴る。
モンスターペアレントパンチってあれです。
そのうち、この子の母親までおばあさんを怒鳴り始める始末。

見かねて、すこし離れて座っていたもう一人のおばあさんが助け船船
「そうよ、少し静かにさせなさいよ。私たちは皆うるさいと思ってますよ。
場所をわきまえなくちゃ。」と言うと、この両親はさらに頭に血が昇ってちっ(怒った顔)しまい、
目の前のおばあさんを罵倒し続ける。
最初に注意したおばあさん、いたたまれなくなってバスを降りてしまったバッド(下向き矢印)
とてもいや〜な終わり方。

結局、子供に好き勝手やらせて他人に迷惑をかけているという意識がない親は、
もともと子供がいなくても自分自身、他人に迷惑かけてる人。
一方、注意して逆ギレされるのも面倒だし、と事なかれ主義が発達しすぎていて、
周りの人はほぼスルー、無関心曇りを決め込む。

子供を免罪符にして迷惑・非常識行為を社会が許していたら、
いつまでも中国人全体のマナー改善の意識が芽生えないんではないでしょうか。

中国人はもともと大らかで細かいことは気にしない、という良い面はありますが、
翻って見れば、こんなあせあせ(飛び散る汗)何でもありの無法地帯あせあせ(飛び散る汗)が出現する土壌を作っているのでは。
日本はこうなって欲しくないものです、ホントに・・・

posted by Nico at 22:26| 北京 🌁| Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

チャイナトイレの恐怖

何を隠そう・・・
北京で2回、トイレの個室に閉じ込められた ことがあります。

これは、トイレの設計と質が問題。 というのも、

中国のトイレは高級な場所であればあるほど、ぴかぴか(新しい)密閉ぴかぴか(新しい)される
ようにできている傾向があり。

扉も無意味に3−4センチあり、重くて厚い、
で、扉は押して入って鍵をかけるようになっています。

閉じ込められた2回とも状況は同じ。
用を済まして出ようとすると、ノブがカラーンどんっ(衝撃)と扉から外れてしまうのです。

中国のドアノブは大抵こういうやつ、下に90度押し下げて開けるタイプ ↓
u=1875892924,2730319677&fm=23&gp=0.jpg

ノブが外れたドア側には、くりぬかれた木材の穴が開いているのみがく〜(落胆した顔)
へっ? ドア側にも金属ついてないか、普通exclamation&questionexclamation&question


入るときに押したということは、
鍵がかかっていなくても、扉を引かないと開かないのです!!!
引くための唯一の頼りである「ノブ」が無かったら、扉は開かない。

考えうる限りの脱出方法ひらめきが、走馬灯美容院のように頭を巡ります、 が。

手を扉の上に引っ掛けて引く・・・扉と上の空間には隙間なし。
足を扉と床の隙間に入れて(以下同上)・・・ 扉と床の間にも隙間はない。
扉の蝶番の隙間から叫ぶ・・・蝶番の隙間もないほど密閉。トイレの扉とその他の部分も
1枚の板から切り分けた?と思うくらい、お互いぴったりとはまっている。
ドンドン叩いて周りの人に気付いてもらう・・・扉自体がすごく厚くて硬いので、
ドンドン叩いても音が全然むかっ(怒り)響いてくれない。
・・・叫ぶ・・・こういうトイレに限って、人が少ない。掃除の人もやってこない。
密閉されてるから声が通らない。

閉じ込められて初めて周りを見渡すと、まったくの密室!がく〜(落胆した顔) 
このまま誰も気付いてくれなくて、
何も食べられなくて衰弱死するかも、いや脱水死たらーっ(汗)
その前にこのまま部屋の酸素が無くなって酸欠で死ぬかも。
そういえば暑く晴れなってきた、息が出来ない・・・

パニック寸前どんっ(衝撃)

結局、二度とも、2−30分閉じ込められた後、ドアを叩いてる音に気付いた
通りがかりの人に助けられたのですが、開けてもらった時の自分の顔、
髪の毛逆立ってて、絶対ヤバイ人モバQと思われたはず。

その度に思うのです。中国よ、なぜこんな恐ろしいトイレを造るのだダッシュ(走り出すさま)
こんなにクリティカルな部分を手抜き工事する人たちなんだから、
最初っから設計を考えて、押して開けるようにするとか、
扉の上下に隙間造っとけばいい話では?
空気まで密閉するような高級トイレ造って何が楽しいんじゃ、
中で犯罪があっても誰も気付かないぞ!! 
アメリカのトイレが上下かなり大きく開いてるのは、犯罪防止なのだよ!

今は3度目の北京ですが、まだ今回の滞在では閉じ込められてないのよね。
今回は、地元民化して、あまり高級な場所に出入りしていない、からかしら。

中国には、密閉されすぎてて困るトイレがあるかと思えば、
ぶっ壊れてて扉自体存在しないトイレもあり、
どちらも恐ろしい・・・

しかし2度あることは3度ある、と言うので
トイレに行くときも、まだまだ気が抜けないのでした。


posted by Nico at 12:00| 北京 | Comment(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。