2013年05月27日

国家の異常な愛情

先日、李克強首相がパキスタンを正式訪問したのですが、そのときの演説がすごい。

中国人民に向けて、

ぴかぴか(新しい)「もしあなたが中国(母国)を愛しているのなら、パキスタンも愛してください」ぴかぴか(新しい)

ですって。

他の国を褒めないイメージの俺さま中国が、
ここまで無条件の愛情を捧げるのがパキスタンって。
この熱烈な礼賛有料はどこから来る?

実は、中国人に「一番友好的な国は?」と聞くと、いつも一番に挙げられるのがパキスタン。

「友好的な国」って言ったら、国民同士の交流が多くあって、とか歴史的に関係が深い、とか
何か長年の歴史の裏打ち、という感覚でいた私。

でも、中国にパキスタン人がすんごくたくさん住んでるわけでもなし。
(いや、むしろインド人のほうが多い気がする)
歴史のつながりだって「シルクロード」という共通項はあるものの、
だったらインドだってアフガニスタンだって同じようなもの。

なぜパキスタン??

結局これは100%ピュアに政治的、軍事的な理由。
その昔、パキスタンとインドが戦争してたときに、
インドを支援したソ連と張り合うために中国がパキスタンを軍事的に支援して以来、
お互いを一番の友好国、と褒め称えているわけです。

んで、パキスタンとは全く縁のない一生を送るであろう大多数の中国人が、
本当かどうか知らないけど、「一番の友好国は」と聞かれると「パキスタン」と回答するのかと思うと。。。

洗脳がうまくいってるっていうかたらーっ(汗)

友好的の定義は「自国に戦争を挑んでくる可能性が一番少ない国」ってことなんですね。

そう言われてみればそうなんでしょうけど。。あまりにも露骨で、
なんか背筋がさむ〜〜くなった・・・がく〜(落胆した顔)
posted by Nico at 21:19| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

労働節中の恥さらし

「労働節中の恥さらし−まとめ−」をクリック!
とでも訳せる、連休中の非常識行動を集めたサイトがあって、結構笑えるのでご紹介。


「旅行先で絶対会ってしまうのが、非常識な行動をする人たちモバQ
景観を台無しにするだけでなく、周りの人もいい気持ちがしませんよね。
この連休中にネットに載った、非常識行動をご紹介」

と前置きがあり、

写真を撮るために、危険を冒して公園の湖に浮かぶ岩によじ登る人
食べられる花を、公園でむしり取るカップル
ストッキングだけで服着てない?おばさん、
破壊された公園の遊具
トイレが混んでるから、公園の池の中に用を足してしまうおじさん

などなど、こちらではごくごく日常的なバッド(下向き矢印)非常識行動の数々。
むしろ、いつもよりおとなしめあせあせ(飛び散る汗)
例の、「地下鉄車内で子供におしっこさせてそのまま下車してしまう親」
は連休中はいなかったのか?と勘ぐってしまう。

でも《(皆さんはそう思ってないかもしれないけど)
これも非常識行為です》

ネット上で教育してくれているんだ、と思えば良いのかしら。

何が非常識行為か、という人民共通の認識が未だ確立されていない、中国。
特に環境保護意識はかなり低く、まだまだ長く遠い道のり位置情報

私のハウスメイトの男子が
「春は山に花見に行くのがいいよねえ。山に咲いてる花もらってくるの楽しい〜」
とのたまうので、「はっexclamation&questionどんっ(衝撃)」と言うと、
「いいんだよ、北京には自然の木が多いんだから少しくらい・・・」

・・・君みたいな人が、『君+100万人いる』から、
北京の山には大きい木が育たないんだよ・・・

私も去年、北京郊外に花見に行きましたが、
まさにで言っているように、非常識行為ばかりが目に付いてイライラしてしまい、
花を全然ダッシュ(走り出すさま)楽しめなかったんです。

帰りのバスの中で、
いかにも「山から折りたてダッシュ(走り出すさま)の蕾のたくさんついた枝を持っている人の多いこと。
お花の代わりにこっちが泣きたい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

いわゆる「花の名所」は、春になると入場料を通常の5倍くらい便乗値上げするし、
自分勝手な行動を取る人ばかりで、まったく不愉快。

却って市内の、地元の人しか来ないような名も無い公園の片隅に
4−5本満開になってる樹とかが、一番荒らされてなくて、
静かに気持ちよく鑑賞できて、
実は一番綺麗だなあかわいい

と思う今日この頃であります。
posted by Nico at 22:56| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

読めない新聞記事

『耐震技術「日本より劣る」「日本を手本に」反日感情渦巻く中、中国紙が異例の論調』

というMSNサンケイニュースを見て、ネタ元の4月23日付け「中国青年報」をネットで見てみました。

http://zqb.cyol.com/html/2013-04/23/nw.D110000zgqnb_20130423_3-02.htm

確かに、第2面の一番上の記事がそれっぽい。でもでも!!

他の記事が全部、拡大して読めるように「ひとさし指マーク」になるのに、この記事だけNO。

つまり、読めないようになっている・・・・・

この日付の他の記事は、一面広告までも拡大して読めるようになっているのに?!
なんでしょう、このあからさまな読書妨害は・・・がく〜(落胆した顔)

やっぱり、この記事は言い過ぎちゃった、ってことでしょうかぁ〜〜〜爆弾
posted by Nico at 21:50| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

中国メディアの優先順位

ボストンマラソくつンの最中に爆弾テロがあり、3人の方が亡くなりましたね。むかっ(怒り)

日本では報道してないけど、
そのうちの一人がボストン大学に留学中の中国人女子大学院生だったようで。
その他、もう一人入院している中国人がいるらしい。

大陸出身の中国人が「海外でテロに巻き込まれる」ということ自体、かなりレア。

だから、中国人にしたら結構すごいニュースではっexclamation&question

と思ったのですが、

これが全く地味。一応、中央電視台(CCTV)の朝のニュースでは報道したようですが、
知らない人は知らない。

それより後に起こったにもかかわらず、今一番の話題を集めちゃっている事件が
「上海复旦大学医学研究生毒殺事件」

部屋にあった給水機の水から毒物が検出され、ルームメイトが容疑者足
として捕まったのですが、実は殺したかったのは別の人、
と言っているとかいないとかで謎が深まっています。
こっちは、同級生が泣きながら花を供える写真とか、担架で遺体を運ぶ写真とか
多数が出回っていて、どんどん続報が出てくる。

テロの犠牲となった中国人については、朝のニュース以降の続報がまったくないようで、
もう過去のこと、的な扱い。

どっちも若い中国人1人の命。

でもニュース性でいえば、テロより毒殺なの?
国内での未発テロが多いから、既に慣れっこ?ってことでしょうか・・?

《報道されないけど、飛行機飛行機ハイジャックされそうになって
フライト遅延とか、結構経験してる人は多いんです・・・》



posted by Nico at 00:31| 北京 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。